ろくなものが出てこないと思いつつもやりたくなってしまう1000円自販機

投稿日 by admin

1000円

1000円自販機というものをご存知でしょうか?私はつい最近知ったのですが、それをたまたま街の中で見かけました。私が普段よく視聴しているYoutuberの人がこの1000円自販機を紹介していて、そこで存在を知りましたが、私自身その実物を初めて見たのです。

実物を見ると、思った以上に自販機のサイズがでかいなと思いました。1回当たり1000円という金額は高いですし、どうせろくなものは入っていないだろうと思っていましたが、なんとなくやりたくなってきてしまったのです。

実際にYoutuberの人たちが楽しそうに1000円自販機をやっているシーンを見ているだけに、ろくなものは入っていないだろうと思いつつも、1度くらいは1000円自販機をやってみるという経験をしてみたいという気持ちが芽生えてきたのです。

1回だけならば大した損失にはならないだろうと思って、実際にやってみました。すると、当然当たりと思われる商品は出てきませんでした。私の場合にはTシャツのようなものが出てきて、黒に文字のロゴが入ったものでした。実生活で着られないようなデザインではなく、1000円にしては悪くない?と思えるようなものでした。

1000円以上出さないと買えないTシャツはたくさんあると思いますし、このTシャツの正確な価値は分かりませんけど、部屋着などで使おうとも思えたので、ろくなものは入っていないというイメージがちょっと覆ってしまった感覚です。

1000円自販機をやった直後はちょっと得した気分もあったのですが、家に帰って冷静に振り返ると、やっぱり得していないことに気付いたのです。というのも、じゃあこのTシャツが1000円で売られていたら、自分は買ったのだろうか?と考えると、絶対に買わないだろうなと思ったのです。

つまり、このTシャツが1000円で売られていたときに自分が買わないという判断をしたということは、1000円の価値は自分にとってはないと感じたということになります。

そして、1000円の価値がないものを1000円で買ってしまったということになるので、これは損をしたなと感じたのです。1000円自販機の景品の中ではマシな方かもしれないというのはあるものの、やっぱりこういったもので得をするということはなかなか難しいでしょう。

でも、やってみたい気持ちにさせる存在として、私は認識してしまったわけなので、こういう商売というのは非常に上手いなと感じたということになります。