グッドウォーカーのゆるい散歩と日常

この画面は、簡易表示です

blog

動物園の中で飼われているのは、軍手?確かめるために持ちだしたのは…。

投稿日 by admin

久しぶりの休みに子ども二人と母親と一緒に動物園に行きました。何度も行っている地元の動物園ではなく、隣の県まで電車に乗って行く事にしました。普段私は車での通勤なので、久しぶりに電車に乗りました。目的地に行く電車の中には特急で二階建ての車両があります。運良くその車両が止まったので、早速空いている咳は無いか探しました。残念ながら二階の席は満席で座る事が出来ません。

一階は空いていたので、そこに4人で座りました。動物園までは一本です。特急なので停まる駅も少なく、普通の電車なら1時間程かかる所、30分で到着しました。一階と言う場所ですが、実際の目線は駅のホームの地面が目の前に広がります。そこを歩いている人の踝が目線の先にある状態です。

滅多にこんな視界で駅のホームを見る事もないので、不思議な感じです。子ども二人も二階が良かったみたいですが、一階は一階で楽しむ事が出来ました。座ると早速お菓子を出し始めます。チュッパチャップスを開けると普段、飴なら噛んで食べる二人ですが流石に硬かった様子で舐めていました。

移動の30分の内20分は静に飴を舐めてくれていました。最寄り駅を降りると近くのデパートでお弁当を購入しました。そして、バスに乗って動物園迄移動しました。観光客の多い県ですが、動物園はあまり訪日外国人の方羽織られませんでした。

動物園の中も比較的空いていて、動物が見られない程ではなかったので良かったです。ただ、春にしては暑かったこの日は、どの動物も皆寝て過ごしていました。色んな動物の寝ている姿を見に来たみたいな感じです。

次男は象が気に入った様子です。8頭程いて、何もない広場を優優と歩いていました。この動物園ではウンチを感想させて、触っても良い様に加工していました。遠くから見ても大きな物が間近で見る事が出来る様にしていました。

次男は象を20分近く見ていました。長男は祖母と一緒にあちこちの動物を順番に見ていました。むささびのコーナーがあったのですが、一体どこにいるのか見当たりませんでした。近くにいた女性二人があれじゃない?あれは軍手よ、と話していました。

その話しを横で聞いていた母親は大笑いし始めました。フェンスにぶら下がっていた軍手はもしかして、動物?と思わす様なフォルムをしていました。一瞬見間違うのも無理はありません。少し離れているので確認も難しいです。

そこで母親は持ってきた双眼鏡で見てました。結局は軍手でした。動物園に来て持ってきた双眼鏡で軍手を見てる人なんて、この世にそう多くはいないでしょう。双眼鏡で軍手を確認し、再度大笑いしていました。自分の親と動物園に行くのは自分が大人になってからは初めてです。何でも笑う母親が可笑しいなと思ってしまいました。子どももさることながら、大人の私達も楽しむ事が出来ました。



ろくなものが出てこないと思いつつもやりたくなってしまう1000円自販機

投稿日 by admin

1000円

1000円自販機というものをご存知でしょうか?私はつい最近知ったのですが、それをたまたま街の中で見かけました。私が普段よく視聴しているYoutuberの人がこの1000円自販機を紹介していて、そこで存在を知りましたが、私自身その実物を初めて見たのです。

実物を見ると、思った以上に自販機のサイズがでかいなと思いました。1回当たり1000円という金額は高いですし、どうせろくなものは入っていないだろうと思っていましたが、なんとなくやりたくなってきてしまったのです。

実際にYoutuberの人たちが楽しそうに1000円自販機をやっているシーンを見ているだけに、ろくなものは入っていないだろうと思いつつも、1度くらいは1000円自販機をやってみるという経験をしてみたいという気持ちが芽生えてきたのです。

1回だけならば大した損失にはならないだろうと思って、実際にやってみました。すると、当然当たりと思われる商品は出てきませんでした。私の場合にはTシャツのようなものが出てきて、黒に文字のロゴが入ったものでした。実生活で着られないようなデザインではなく、1000円にしては悪くない?と思えるようなものでした。

1000円以上出さないと買えないTシャツはたくさんあると思いますし、このTシャツの正確な価値は分かりませんけど、部屋着などで使おうとも思えたので、ろくなものは入っていないというイメージがちょっと覆ってしまった感覚です。

1000円自販機をやった直後はちょっと得した気分もあったのですが、家に帰って冷静に振り返ると、やっぱり得していないことに気付いたのです。というのも、じゃあこのTシャツが1000円で売られていたら、自分は買ったのだろうか?と考えると、絶対に買わないだろうなと思ったのです。

つまり、このTシャツが1000円で売られていたときに自分が買わないという判断をしたということは、1000円の価値は自分にとってはないと感じたということになります。

そして、1000円の価値がないものを1000円で買ってしまったということになるので、これは損をしたなと感じたのです。1000円自販機の景品の中ではマシな方かもしれないというのはあるものの、やっぱりこういったもので得をするということはなかなか難しいでしょう。

でも、やってみたい気持ちにさせる存在として、私は認識してしまったわけなので、こういう商売というのは非常に上手いなと感じたということになります。



英会話上達のためにTOEIC目指してますけど、ハードルが高くてヘコんでます

投稿日 by admin

勉強

今年中にTOEIC試験を受けようと頑張ってます。というのは勤める会社が国際化を目指すということで、社員にも英語のプレッシャーがかかりました。私は販売部門なので、外国人に英語で接客できるよう英会話が必要です。

今までは外国人が商品のことで質問てしてくると、身振り手振りで分かって貰えました。でも最近、外国人のお客様でポイントカードを使う方が多くなりました。ポイントカードを使うとその場でキャッシュバックがあったり、日本に長期滞在する人は、ポイントカードにポイントを貯めたり、安く買ったりしています。

そこで外国人のお客様がポイントカードについていろいろと質問してきます。買ってすぐにポイントがついてこないのはナゼかとか、今日は5%OFFのはずなのに、ナゼ5%OFFになっていないのかなどです。

大体ポイントが入るのって、次の日以降か次週だったりするんですよね。それに売り場によって5%OFFじゃない所もあるんです。例えば、食料品売り場は5%だけど衣料品や他の売り場はやってないとか、その日は全部の売り場が5%OFFとか、会社の企画次第だったりします。

毎月決まった日がポイント増量だとかは日付を紙に書いてあげると分かって貰えます。でも特別記念セールのように、不定期なイベントの時にはジェスチャーでは説明しきれません。

それにクレジットカードとポイントカードの違いも英語で説明するのは難しいです。頭の中が妙に難しい日本語の経済用語で一杯になって、英語になって口から出てきません。だからって、こんな時に意味のない笑顔をすると、外国人にはかえって不気味に思われるとネットで読んだので、「エヘヘ」と笑うわけにもいきません。

なので外国人のお客様を前にして、沈黙と見つめ合いと冷や汗が続きます。列をつくって待っている他の日本人のお客様が「何をやってるんだ?」「大丈夫か?」という顔で見ています。それを意識すると益々アセって、顔から耳まで真っ赤になるのが自分でも分かります。

それで「これではイカン」!と思い、英語の勉強をすることにしました。せっかくなので目標を持とうと思い、TOEICを受けようと思い立ったのです。まあ、目標は具体的で高い方が上達するたろうし、TOEIC試験で良い成績を持ってるといつでも役に立ちそうですからね。

お金がない英語

とはいうものの、TOEICの問題集を買ってきてやってみると、自分にはハードルがメチャクチャ高いことが分かりました。TOEICって貿易とか商取引とかビジネス用語のオンパレードなんですよね?。それにリスニングも速度が速くて聞き取れないし、自分の知ってる単語が見当たりません。頑張ってみたけど一日でヘコみました。これから一年がかりでめげずに頑張っていこうと思います。




top